教育×エンターテイメント『LES WORLD‏ 』のカズトモさんの夢



今回紹介するのは・・・
教育×エンターテイメント『LES WORLD(レ・ワールド)‏ 』のメンバー
カズトモさんが語ってくれた「夢」

『LES WORLD(レ・ワールド)‏ 』
は今年の6月から本格的に始動したエンターテイメント集団! 
 
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad4e

「教育(エデュケーション)」  ×  「エンターテイメント」
この2つを掛け合せて、日本全国・世界中の子どもたちへワークショップ届けています。


鈴木 和智 21歳
三重県出身 筑波大学3年生

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad46

『LES WORLD(レ・ワールド)‏ 』メンバーの一員であるカズトモさん
旅をして、アートを通して世界中の子どもたちと触れ合っています。

これがカズトモさんのスプレーアートの作品

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad3cUNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad3e
jpg-large

ニコちゃんマークくらいしか描けない自分にとっては次元が違いすぎて、、
すごいとしか言いようがない。芸術的な世界観。


カズトモさんと自分はこの夏休み、同じ時期にインドネシアに居ました。
 
自分は各地の小学校・幼稚園を訪問。日本の文化を紹介したりだとか、夢尋ねをしたり…。
そして、カズトモさんはインドネシアのスマランの近くにある幼稚園で、子どもたちと1週間かけて壁画を描く活動をしていました。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad49
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad47




現在、大学3年で大学生になってから地元の三重を離れ、茨城・つくばへ来たそうです。
インドネシアにいるときにメッセージをくれていて、タイミングが合えば現地で会えていたのですが、
会うことが難しく…。
しかしたまたま自分の地元がつくばだったので、日本ではじめて実際に会うことができました!
 
 
カズトモさんが、はじめて世界を旅したのは今から1年前の夏に、
ベトナムを訪れた時。
そして、旅先で「アート」をするきっかけとなったのは、
今年の3月に行ったインドだそう。

インドの旅先で出会った学校の先生から、
「子どもたちが環境問題について学ぶ機会がないから一緒になにか考えよう。」
と話があり、そのときカズトモさんは自分が得意である「アート」を活かして、
学校の子どもたちと一緒に環境問題をテーマにした絵を描くことにしたそうです。
 

現地で水性絵の具を調達して、みんなで完成させた作品がこちら。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad4d
 

それから日本に帰ってきて、
「アート」を使って発展途上国で子どもたちへ何かをしたい。
起業をしたい。という想いがでてきたそう。

しかし、ひとりで起業するのは難しい。

断念しかけていたちょうど頃。東京で開催されたあるイベントで、
たまたま隣に座り、声をかけてきた人が『LES WORLD(レ・ワールド)‏ 』を立ち上げたひとりだったそうです。

カズトモさんの「子どもが好き」「アートが好き」「旅が好き」
そしてレ・ワールドの「エデュケーション」×「エンターテイメント」

このふたつの想いが、がっちりと一致してカズトモさんもメンバーの一員となりました!
レ・ワールドのメンバーは現在5名
 
S__10543162
カズトモさんの絵を描くなどのアート。
その他にもダンサーやミュージシャンなど。 
それぞれ得意とするエンターテイメントはいろいろですが、彼らの目的はみな同じです。
それは・・・
「すべての子どもたちが自分の可能性を信じられる世界にしていくこと」
 
 
彼らのワークショップで訪問する場所は、
日本であれば養護施設やフリースクールであったり。
海外であれば、孤児院であったり。
 
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad42
生まれた環境、育った環境、ハンディーキャップに関係なく、
誰もが可能性を持てるように。
この想いはものすごく共感できます。
 
自分自身も現在、作業療法士を目指していて、
全く同じことが自分の中の芯にあります。
 
カズトモさんはもともと子供が好きだそうで、
現在は、子どもの発達支援・放課後等デイサービスのスタッフとしても働いているそう。
 
すごく偶然で驚いたのが、カズトモさんと出会う前から、自分も同じ施設のスタッフとして働こうと思っていた場所であったこと!笑  世間は狭い。
自分はその時には都内の学童保育のスタッフとして働くことが決まっていたので、
応募することができなかったのですが、後々この施設の存在を知って、ものすごく気になっていたところでした



とても共感できる部分、共通する部分も多くて、 勝手に嬉しくなりました(笑)

そんなカズトモさんの「夢」・・・
CCmUF7GSRwmmjnJGB2huBQ_thumb_1abf7

  
「世界中の子どもたちが
自分の可能性を信じられる世界を」
夢を追いかけて。旅して。絵を描いて。料理して。
欲張って。「生きるみたいに生きていく」

世界の子どもたちに向けた夢は、これまで書いてきたレ・ワールドの理念と共通するもの。
旅をして、子どもたちと触れ合い、絵を描いて・・・。
 
そしてもう一つ。カズトモさんの特技は「料理」
そこら辺の新米ママには負けないほどの腕だそう!笑
「彼女より上手に作れてしまうと、彼女に悔しがられないの?」と聞くと、
彼女はごはんは作らず、いつもカズトモさんが作るそう。
 
レシピがなくても、自分で創作して作ることができるんだそうです。
そのくらいまでになるとめちゃくちゃ料理も楽しくなってくるんだろうなぁ〜!
自分も料理は週に2、3回しますが、腕はまったく上がりません・・(笑)
 
 
それから最後の行に書いてある
「生きるみたいに生きていく」
これはカズトモさんがいつも心に留めていること。
生きているのに、死んでるみたいに毎日を過ごしていたんじゃもったいない。
せっかく生きているならイキイキと・・「生きてるみたいに」生きていこうじゃないかって!
 
自分がおじいちゃんになったときにカッコイイと思われるようなおじいちゃんになることが夢だそう(^^)
歳を重ねれば重ねるほど、その人のこれまでの生き方への姿勢が滲み出ていくんだろうな。
いろんな話ができて、とても楽しい時間でした。
 
 
 
 
そして、最後にカズトモさんが活動している「レ・ワールド」について写真とともにもう少し。
これまでは大学生に向けてのワークショップ、

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad41
 
仙台で旅大学のワークショップ、

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad40  
軽井沢の療養施設の子どもたちと部屋の壁一面にアートしたり!
 
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad45

ワークショップ中の子どもたちがめちゃかわいい 
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad44
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad43
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad3f
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1ad48
 
これからは、 
福岡で旅大学やフリースクールに通う子どもたちへワークショップなど…。
日本の各地でも海外でも、 活動していく予定だそうです 
詳しくはこちらで!
レ・ワールドの活動と平行して、カズトモさんも世界ドリームプロジェクトへも参加してくれる予定です  
ワークショップの子どもたちがどんな「夢」を持ってるのか気になるな。

これからもカズトモさん、レ・ワールドの活動を応援していきます!!  
 
 
 
この記事はDREEM代表 かたよせのブログからの移行記事です
たびっちゃう! 〜世界ドリームプロジェクト〜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)