夢を叶えるまでの経過 – cocochi こころも身もほっとできる空間・お店を作りたい –



この夢のページ
cocochi こころも身もほっとできる空間・お店を作りたい – dreem | 世界ドリームプロジェクト WORLD DREAM PROJECT

2020年

2020年5月

新たなカタチで夢を見つける

https://twitter.com/yukata312/status/1266772791442853893?s=20
https://twitter.com/yukata312/status/1266772797549768706?s=20

筋トレ・フィットネスにハマる 笑

フィットネスジムをつくるからには自分自身も健康的に!

ヨガインストラクターの講座

2020年2月

ワンコイン施術モニター

お店の外でも集客ができるように学んでいきたいと思い20分 500円〜の施術モニターをスタート
お店ではなかなかもらいづらい率直な感想・フィードバックも頂ける最高にいい機会。


Raffine インターン生 お店デビュー

ラフィネの研修が終了し、都内の店舗でデビュー
病院の仕事もしながら、仕事終わりの夜や休みの日に都内で働きはじめた。

ヨガをはじめる

ヨガ・ピラティスのインストラクターに興味がでてきて、
お店を作ったときのフリースペースには先生たちを招いていきたいけど、
自分自身でも学んでおきたいなとホットヨガスタジオへ通いはじめる。

2020年1月

喫茶ランドリー

日々、意識的にリラクゼーションサロン・カフェ・ジムなどのお店巡りをしていく中でも特に自分とって響いたお店

Raffineの研修修了

中野のリラクゼーションサロンを辞めて4ヶ月。
妻が好きでよく一緒に行ったラフィネ。
お店の雰囲気がよくて自分のものにしたいと学びはじめた。


2020年の“ 夢 ”

2025年!5年後! きっとあっという間!
新しい年になって夢のスケッチブックに改めて宣言。オーナーと一緒に。

2019年

2019年12

THIS IS YOUR LIFE.

いまのこの夢を持たせてくれた中野のリラクゼーションサロンのオーナーとはじめてご飯へ
働いているときもほぼ顔を合わせることはなく遠い存在のようだった。
はじめて話せて、尊敬できるのにすごく気さく。
ワクワクさせてくれる最高に楽しい時間でした。

2019年11月

はじめてのコーヒーミル&ハンドドリップ

#500人コーヒーチャレンジ をしている同業の理学療法士のそーたさんからコーヒー豆を送ってくださった♪
これをきっかけにコーヒーミルで豆を挽いて、コーヒーをドリップするという初の経験。
カフェやるならコーヒーの知識もなくちゃね。
コーヒーの奥深さ、たのしさを知っていくきっかけになった。

2019年10月

結婚披露宴

3月に入籍してから、少しずつ準備をしていって丸の内で結婚披露宴(^^)
妻も一緒にお店をできたらなという夢。今のところは絶対いやと笑
それでもいつも一番の支えです。ありがとう。

2019年8月

リラクゼーションサロン 最後の日

お店をつくる夢のきっかけをくれたオーナーのお店「もみの匠 中野店」
本当によい経験となりました。他のこととの時間のバランスが難しくなり一旦辞めることに。

2019年6月

お金の話

旅で出会った50代の方。なんでも気軽に話せて大先輩だけど友人のよう。
大企業を早期リタイヤして、日本と海外を行き来して人生を楽しんでる方。
投資関係に詳しくて、 不動産投資の話を聴いた。
お店を作りたい夢を叶えるために、余裕をもって楽しく過ごせるように…。
資金のベースづくりをしていこうと思った。

2019年3月

入籍・創業ステーション

https://twitter.com/yukata312/status/1103961849228275714?s=20
大学時代からの方と結婚。23歳。
お店の夢とは関係ないようだけど、これから家族をもって家庭を支えていかなくてはならない。
収入の面でも。自分のことだけではなくなっていく。
東京創業ステーション 資金調達の方法による違いを学べた。
ベンチャーキャピタル、銀行融資、日本政策金融公庫など

2019年1月

カフェ開業の本

2018年

2018年12月

リラクゼーションサロンで働きはじめる

はじめは先輩スタッフから教わりながらの研修。そして2週間後からデビュー
作業療法士としてリラクゼーション目的ではないけど、治療のため身体を触ったり、解剖を学んでいたりしたから活かしやすかった。
入院していて時間割の中でやるリハビリとは違って、お客さんが今必要なときにお金を払ってお店にきてくれている。新鮮な感覚だった。
2018年12月14日 オープン もみの匠 中野店
オープンの次の日から初出勤!
作業療法士として病院で働きながらも、将来リラクゼーションサロンを開けるように経験を積みはじめる。

2018年11月

夢をもったきっかけ

漠然と何かしたいと思っていた頃、
寝る前に布団の中でふとタイムラインを眺めているとフォロワーさんがリラクゼーションサロンをオーナーとして開業することを知った。
タウンワークの募集ページを開いて60秒経った頃には応募の情報入力していた。
そこがいま働いている「もみの匠 中野店」

それと同時に布団の中で急に湧いてきた思いが「自分もお店やりたい」ということ。

学生時代はドリームプロジェクトを立ち上げたり、旅に熱中。
社会人になってからは夢だった作業療法士に。やりがいを感じつつも大きな組織の中でなく自分自身で何かをしたい気持ちがでてきた。
旅を通して知り合った年上の友人と話しして、もっと毎日がワクワクするような働き方、生き方をしたいと思った瞬間。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)